ベタつきが気になるけれど、手荒れが確かに少ない、携帯ハンドサニタイザー

ハンド・ネイルケア

サニタイザーした後って、どうしても、手がカサカサしがちなことが多いのですが、そんな私の手に確かに優しい、ハンドサニタイザーがこちら。ハンドサニタイザーの画像タイムオイルで消毒するタイプのサニタイザー。

ただ、ひまわりオイルがなどが配合されており、消毒した後、しばらく、ベタベタするのですよね。

外出先で、次女を追いかけ回しながら消毒している私にはちょっとベタつきが気になるのですが、手が荒れがちな方にはちょうどいいサニタイザーかと思ったのでご紹介。

スポンサーリンク

ハンドサニタイザーの特徴

手に乗せた画像内容量60mL。小さいショルダーバックに入れるには、少々大きめ。トートバック型のママバックに入れるのであればちょうど良いかも。
密封シールの画像届いた時には密封シールが貼られています。
ノズル部分の画像ノズル上部を押すと、サニタイザーが出てくる仕組みです。

使ってみた感想

シューっとスプレーをすると、レモングラスの香りが引き立つ液体が出てきます。なかなか目の粗いスプレーで、一箇所にスプレーして、塗り広げる感じで使用します。
スプレーした画像香りは、しばらくすると、草っぽく変化します。ただ、きつい香りでは無いので、あまり気になりません。

アロエやひまわりオイルが入っているせいか、液体は少しベッタリとしており、手の粘膜を守ってくれている感じがします。
ハンドサニタイザーの画像ただ、少し、べったりしすぎているかな。ピクニックがてら、外でご飯を食べようと、手を洗い、シュッシュっとすると、そのベタつきが気になるのですよね。

結果的に、もう一度手を洗いに行ってしまうという、訳のわからない結果に・・。

抗菌効果の高い、タイムオイル(チモール)で、殺菌しているのですが、どれくらい配合されているのかも、記載がなくて、いまいちわからないのが残念。

私は、Clean Wellのサニタイザーのほうが好きです。

原料

水、オレイン酸ソルビタンデシルグルコシドクロスポリマー、水酸化ナトリウム、デシルグルコシド、ヒドロキシプロピルスルホン酸、レモングラス(レモングラスのschoenanthus)油、オレガノ(origanumのブルガレ)油、アロエベラ葉汁、バニラ(バニラ)果実エキス、加水分解されたオート麦、銅PCA、ナトリウムココ硫酸、グリセリン、チモール、クエン酸ナトリウム。

suzu*考

しっかりと手に塗り込んでしまえば、べったり感がだんだん気にならなくなるのですが、少し時間がかかるのですよね。

手荒れの少ないサニタイザーではあるのですが、これなら、消毒機能だけのほうがいいと思ってしまいます。ハンドクリームは別で塗りたい。
ハンドサニタイザーの画像ただ、サニタイザーした後って、どうしても手が荒れがちなので、この優しい仕上がりが好きな方も多いと思います。手荒れがひどい方は、よろしければ、お試ししてみてくださいね。

私が購入したのはこちら:iHerb購入方法はこちら

スポンサーリンク