硬い爪が、しっとり感すら感じられる素敵な爪に。キューティクルオイルを使ってみて!

Jurlique(ジュリーク), ハンド・ネイルケア

爪の甘皮処理をする時、皆様はどんなキューティクルオイルを使用されています??

私は、普段はweledaのキューティクルペンを使うことが多いのですが、子供達が寝静まって、ちょっと時間がある時には、きちんとオイルを使って、マッサージしつつ、甘皮処理もしています。

そんな時に最近使っているのが、このジュリークのネイル キューティクル トリートメントオイル。
ネイルオイルの画像ほのかに甘い、エレガントローズの香り。私、ローズの香りが一番好きなんです。ほんっと、weledaのペンに、このオイルが入らないかしら??って思うくらい、香りが気に入ってます。

ちなみに、普段遣いの、weledaのキューティクルペンはこちら。

これもすごく使い勝手がいいのだけれど、しっとり感が少ない気がするのですよね。

スポンサーリンク

ネイル キューティクル トリートメントオイルの特徴

手に乗せた画像内容量10ml。これで2500円♪
上部の画像瓶の上部がスポイト方式になっています。
上部の画像必要な量のみをスポイトで手に取ります。

使用方法

適量を爪と甘皮につけて、マッサージしながらなじませてください。

使用してみた感想

開封すると、ジュリークならではの、ローズの優しい香り。でも、よくよく香りを確認してみると、カミツレエキスなどのいろんな配合がされているためか、微妙に青っぽい、爽やかな香りがしてきます。
手に乗せてみた画像柔らかめのゆるいオイルで、少し手を傾けると、スーッと下に流れるくらい、さらさらとしたオイル。爪先によく馴染みます。

スポイトでオイルをとり、ほんのわずかに、爪の上に乗せ、マッサージ。10mlと少なめですが、1回でスポイトの半分も使わないので、ずいぶん長持ちしそう。
ネイルオイルの画像私は、きちんとケアをしていないと、爪がパキッと割れてしまうくらい、ガサガサと硬くなるのですが、これを塗っていると、爪がしっとり。

アーモンド、アボカド、マカダミアナッツがしっかりと肌に浸透しているのか、weledaのキューティクルペンよりもしっとり感が強い気がします。

原料

アーモンド油、アボカド油、マカデミアナッツ油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒマシ油、サフラワー油、ローズマリー葉エキス、スギナエキス、ゴボウ根エキス、メリアアザジラクタエキス、アカツメクサ花エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、セイヨウイラクサエキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、ヨーロッパシラカバ葉エキス、アルテア根エキス、ニンジン根エキス、ダイズ油、β-カロチン、香料*、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
*香料-植物精油<

suzu*考

爪も体の一部。きちんとオイルを塗ってあげなくては、ダメなんだなぁと塗るたびに、感じます。これから冬になるとますます硬くなるので、普段遣いのweledaに加えて、せめて1週間に一度は、スペシャルケアをしてあげたいなぁ。
ネイルオイルの画像実は、他にも、ローズ ハンドクリーム(30ml)と、エクスフォリエイティング ハンドトリートメント(30ml)がセットになったシリーズを購入している私。特にハンドトリートメントはちょっとお気に入りなので、またレビューいたしますね(*´∇`*)

日本公式サイトはこちら:ネイル キューティクル トリートメントオイル
私が購入したのはこちら:look fantastic購入方法はこちら

スポンサーリンク